災害に備えて
Kokko Kobe
天津事務所
上海事務所
神戸市からのお知らせ
領事館からのお知らせ

団体一覧

日本・ユダヤ文化研究会
Japanese‐Jewish Friendship and Study Society

設立目的 ユダヤ文化と日本文化の理解を深め文化的な創作活動を行います。
また、日本人とユダヤ人の相互交流を主とした国際親善も図ります。
会の特徴 世界史の中で精神文化、科学、芸術等に多大な貢献をしてきたユダヤ人に歴史や思想を学びつつ日本の中で新しい文化の芽を育てる趣旨で発足しました。非宗教的、非政治的な「文化活動」を中心に行う民主的な集いです。
連絡先 〒650−0005
神戸市中央区再度筋町9−5
代表者 徳永 恂  事務担当者 川上 義和
設立年月日 1995年10月8日
会員数 70人(2002年9月現在)
入会条件 会の目的に賛同し、ユダヤ文化を学ぶにふさわしい謙虚な方。個人入会を原則とし、会員の推せんと運営委員の承認を経て正会員となる。年会費10,000円。
活動内容・時期 @文化講座 5月より隔月に奇数月で年6回(原則)
 ユダヤの歴史・文学・思想や現代ユダヤの社会をはじめとする幅広い分野で活躍中の研究者・有識者を招き、講義と意見交換を通してユダヤ文化の理解を深める。
A学習会 4月、6月、10月、12月、翌年2月の年5回(原則)
 ユダヤ学関連の書物を参考にしたテーマを設定して共に考える会で、可能な限り著者をゲストに迎えて理解を深め、知識・知恵を豊かにする。
B各種イベント 随時
 音楽会、上映会、写真展、料理教室等の催し。
刊行物 機関誌「ナマール・港」
メッセージ 聖書の民として知られるユダヤ人は、神戸と縁遠いものと思われがちですが、世界大戦前夜の1940年代にナチスから逃れて約5千名の方々がこの神戸でしばし安息の時を得ました。生存者やその子孫の方々は、今も神戸を慕っていると聞きますが、このような歴史を大切にしつつ香り豊かなユダヤ文化を皆様に紹介したいと願っています。どうぞ一度ご参加下さい。


*この一覧で紹介している団体は、当センターに登録、または推薦・公認している団体というわけではありません。
 また、掲載している情報は、各団体からの依頼に基づき作成・更新しているものであり、当センターが、その内容を保証するものではありません。
 詳細は直接各団体までお問い合わせください。