災害に備えて
Kokko Kobe
天津事務所
上海事務所
神戸市からのお知らせ
領事館からのお知らせ

団体一覧

JPR日本国際救急救助技術支援会
Japan International Paramedical Rescue Technical Cooperation Corps

設立目的 本会は、発展途上国及びそれらの地域の人々に対して、救急救助技術の発展と普及のために直接的又は間接的に技術支援することを目的としています。
会の特徴 私たちは、救急救助技術が充分に発展普及していない国々や地域に対して、技術支援を行い、救命率向上に寄与するための活動を行っています。
 災害時に派遣される「国際緊急援助隊」とは違い平常時に現地の消防士等に技術指導することで、自律した消防体制を構築させることを目的としています。
 具体的には、現地での直接技術指導、インターネットによる間接技術指導、車両や資機材を寄贈する活動等を行っています。
 JPRは、現在までに、ザンビア・スリランカ・インドネシア・カンボジアに対し、指導チームを派遣し、救急救助技術支援を行いました。
 一度きりの指導ではなく、今後も数年に渡りチーム派遣を行います。
連絡先 兵庫県西宮市武庫川町1-1
「兵庫医科大学 救急・災害医学教室内」
   代表者 会長 正 井   潔
 連絡先 info@jpr.gr.jp
 webhttp://www.jpr.gr.jp/
設立年月日 2005年 1年17日
会員数 70人(2010年4月現在)
入会条件 正会員は、本会の目的に賛同し入会を希望する者で次のいずれかに該当される方となります。
(1)消防法第2条第9項にあげる救急業務に救急救命士及び救急隊員として1年以上の実務経験を有する者。
(2)消防法第36条の2に基づく救助隊員として1年以上の実務経験を有する者。
(3)上記以外で役員会が入会を認めた者。
(4)賛助会員
  賛助会員は、本会の目的に賛同し入会を希望する個人、法人及び各種団体で役員会が認めたもので、自主性のある人ならだれでも入会可能です。
活動内容・時期 JPRは、2005年1月17日阪神淡路大震災を機に正式設立しましたが、世界の国々の中で、経済的な理由により救急及び救助技術が充分に発展及び普及していない発展途上国や地域に救急救助の技術の支援を行うということで、現在までにアフリカのザンビア・スリランカのゴール市・インドネシア南カリマンタン州バンジャラマシン市に技術支援を行っています。
2009年度は、インドネシア東ジャワ州スラバヤ市とカンボジア王国プノンペン市に「救急救助技術」の支援を行いました。
2010年度、カンボジア王国プノンペン市にJPRから隊員を派遣し、長期滞在型の「救急救助技術支援」および「救急救助システムの構築」など多岐に渡る活動を展開しています。
詳しくは、ホームページをご覧下さい。
刊行物 特にありません。(ホームページの情報主体です)
メッセージ 世界には経済的な理由により日本の様な救急救助体制が構築されていないため、 救急及び救助技術が充分に普及していない発展途上国が多数あります。
これらの諸国及び地域の人々は、自然災害や交通事故などに遭遇した場合、適切な救助方法や病院前救護処置がなされることなく医療機関等に搬送されるため、予後の悪化や生命の危機にさらされることが多く、人間の尊厳が保たれていない現状があるのです。
そこで本会は,救急及び救助技術を有する消防人・医療人の有志が「一人でも多くの生命を救う」を基本理念に、救急救助のプロフェッショナル技術を有する日本初の非政府団体として「日本国際救急救助技術支援会」を発足し、発展途上国に救急救助技術を広く普及させることにより救命率の向上に寄与していくことを目的としています。
 

*この一覧で紹介している団体は、当センターに登録、または推薦・公認している団体というわけではありません。
 また、掲載している情報は、各団体からの依頼に基づき作成・更新しているものであり、当センターが、その内容を保証するものではありません。
 詳細は直接各団体までお問い合わせください。