神戸国際コミュニティセンター

確定申告とは…

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた総所得に対する所得税の額を計算し、期限までに申告書を提出して、源泉徴収された税金や前もって納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

日本国内で収入や利益のある人は、国籍に関わらず、所得税を納めなければなりません。自営業や、パート・アルバイトの方は自分で確定申告をして、正しい額の 所得税を納める必要があります。会社から給与(給料)をもらっている人は、基本的には会社が年末調整を行って納税しています。しかし会社から給与をもらっている人でも、次の@ABのいずれかに当てはまる場合は、自分で確定申告をして納税する必要があります。

I. 収入が2000万円を超える
II. 給与や退職所得以外の所得金額の合計額が20万円を越える
III. 2ヵ所以上から給与を受けていて、会社側で年末調整をされなかった給与の収入金額が20万円を超える。
また、上記T,U,Vに当てはまらなくても、確定申告が必要な場合があります。

他にも、多額の医療費を支払った、災害や盗難にあった、住宅をローンで購入した、1年の途中で退職して再就職していない場合など、申告することで控除などが受けられる (税金が一部戻ってくる)場合があります。


〔所得税申告のしくみ〕
A、A収入−B所得から差し引かれる金額=@所得

B、@所得−C所得控除=D課税所得額

C、D課税所得額×税率=E所得税額

D、E所得税額−F税金から差し引かれる金額=G申告税額
表


所得税の確定申告の受付及び相談期間は
翌年の2月16日から3月15日の1ヵ月間です。
もし、上記より後に帰国する場合は、その年の1月1日から日本出国の日までの所得を税務署に申告していく必要があります。 

主な控除について(上記図のCの部分。*印は上記図のFの部分)
控除の種類控除を受けられる人(日本居住者の場合)
社会保険料控除国民健康保険料や国民年金保険料、介護保険料などを払っている
生命保険料控除生命保険料や個人年金保険料を払っている
地震保険料控除地震保険料や長期損害保険料を払っている
寡婦・寡夫控除あなたが寡婦または寡夫である
勤労学生控除あなたが勤労学生である
障害者控除あなたや控除対象の配偶者、扶養家族が障害者である
基礎控除全ての納税者が総所得から38万円を差し引くことができる
配偶者控除配偶者のパート収入が103万円以下である
配偶者特別控除あなたの合計収入金額が1231万円以下で、配偶者のパート収入が103万円を超え、141万円未満である
扶養控除扶養親族がいる
医療費控除  一定額以上の医療費の支払いがある
*住宅借入金等特別控除住宅を購入または増改築をして10年以上のローンを組んだ
*外国税額控除海外で所得税に相当する税金を払っている
寄附金控除 国、地方公共団体の寄附金や震災関連寄附金などがある

この他にも、数種類の控除があります。上記の控除を受けるには様々な条件に合っている必要があります。また、非居住者は、控除の範囲が異なります。詳しくは税務署にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい。(国税庁HP 日本語のみ)
web

神戸市に関係した国税局と税務署所在地
税務署管轄地域電話番号所在地
大阪国税局兵庫県を含む06-6941-5331大阪市中央区大手前1丁目5番63号
大阪合同庁舎第3号館
神戸税務署中央区078-391-7161

〒650-8511
神戸市中央区中山手通2丁目2番20号

須磨税務署 須磨区、垂水区 078-731-4333 神戸市須磨区衣掛(きぬがけ)町
5丁目2番18号
<確定申告会場>
神戸市立水産会館 2階
神戸市垂水区平磯3-125-26
*2月1日(火)から2月28日(月)
9時から12時, 13時から16時のみ開設
長田税務署 長田区 078-691-5151 〒653-0832
神戸市長田区御船通1丁目4
灘税務署 灘区 078-861-5054 〒657-0834
神戸市灘区泉通2丁目1番2号

兵庫税務署 兵庫区、北区
三田市
078-576-5131 〒652-0802
神戸市兵庫区水木通2丁目1番4号
明石税務署 西区、明石市 078-921-2261 〒673-8555
明石市田町1丁目12番1号

その他の税務署と、周辺の地図は国税庁ホームページにてご確認下さい。(日本語のみ)
web


2013年7月時点で確認できるデータに基づいております。その後、新しい制度ができたり、制度が変わる場合もありますのでご注意下さい。 なお、 リンク先のホームページは、作成者の責任において運営されているものであり、神戸市はその内容等についての責任を一切負いません。