神戸国際コミュニティセンター

国民健康保険

国民健康保険Q&A

病気になったり怪我をしたとき、加入者が医療費の一部を負担するだけで安心して医療が受けられるよう、普段から保険料を出し合ってお互いに助け合う制度が国民健康保険です。

対象者
 住民登録を行っている又は、日本での在留期間が3月を超えると認められる外国人で、職場の健康保険に加入していない人は、国民健康保険に加入する義務があります。
 「短期滞在」の在留資格者は加入することはできません。
 
届出
 住民登録をしている区役所・支所の国民健康保険の窓口に在留カード(又は外国人登録証等、在留資格を確認できるもの) をお持ちになって手続きしてください。

 また、次のような場合、14日以内に住所地の区役所・支所で手続きをします。
国保に加入する場合

  1. 神戸市内に住所を移したとき
  2. 勤務先の健康保険をやめたときや、被扶養者でなくなったとき
  3. 子どもが生まれたとき
  4. 生活保護が廃止(停止)されたとき

 

国保から脱退する場合

  1. 神戸市外への転出や出国により住所を移すとき
  2. 勤務先の健康保険に入ったときや、被扶養者になったとき
  3. 死亡したとき
  4. 生活保護が開始されたとき

国民健康保険の給付

療養の給付
 病気や怪我をしたとき、医療機関の窓口で保険証を提示することによって医療費の一部(一部負担金)を払うだけで診療等を受けることができます。

一部負担金の割合 
就学前児童 2割
就学児童〜69歳 3割
70歳〜74歳の高齢受給者

2割又は1割 (生年月日が昭和19年4月1日以前の方)

(所得により3割)

出産育児一時金の支給
 国民健康保険の加入者が出産したとき、出産育児一時金が支給されます。 
産科医療補償制度に登録した分娩機関で出産した場合 42万円
上記以外 40万4千円
 申請には保険証、母子手帳または出生届等が必要です。詳しくは各区役所・支所の国保年金係まで
お問い合わせ下さい。

葬祭費の支給
 国民健康保険の加入者が死亡したとき、その葬祭を行った人に葬祭費として5万円が支給されます。

保険料
 国民健康保険の保険料は次のように計算されます。
@「医療分」保険料
A「後期支援金分」保険料
B「介護分」保険料
        40歳以上65歳未満の加入者が負担します。
   
T)所得割額(加入者全員の課税所得に応じて)平成28年度算定用所得額×11.55%

U)被保険者均等割額(加入者の人数に応じて)24,690円×加入人数

V)世帯別平等割額(1世帯あたり)26,990円
  T)所得割額(加入者全員の課税所得に応じて)平成28年度算定用所得額×3.23%

U)被保険者均等割額(加入者の人数に応じて)7,080円×加入人数

V)世帯別平等割額(1世帯あたり)7,740円
  T)所得割額 40歳以上64歳以下の加入者の平成28年度算定用所得額×3.22%

U)被保険者均等割額7,560円×40歳以上64歳以下の加入人数

V)世帯別平等割額(1世帯あたり)6,030円
   
T)+U)+V)=保険料年額(54万円を越えるときは54万円)   T)+U)+V)=保険料年額(19万円を越えるときは19万円)   T)+U)+V)=保険料年額(16万円を越えるときは16万円)
   

 

国民健康保険Q&A


2016年6月時点で確認できるデータに基づいております。その後、新しい制度ができたり、制度が変わる場合もありますのでご注意下さい。 なお、 リンク先のホームページは、作成者の責任において運営されているものであり、神戸市はその内容等についての責任を一切負いません。