ご案内 INFORMATION

財団法人神戸国際協力交流センター
〒651-0083
神戸市中央区浜辺通5-1-14
神戸商工貿易センタービル2階
MAP
Tel. 078-291-0641
Fax. 078-291-0691

事業一覧 ENTERPRISE

■モバイルページはこちら
モバイル日本語版

留学生支援

はっぴぃめもりーパス神戸対象施設一覧(東灘区)


1.白鶴美術館[はくつるびじゅつかん]
2.香雪美術館 [こうせつびじゅつかん ]
3.神戸市立小磯記念美術館 [ こうべしりつこいそきねんびじゅつかん ]
4.神戸ファッション美術館[こうべふぁっしょんびじゅつかん]
5.神戸ゆかりの美術館[こうべゆかりのびじゅつかん]
東灘区 >灘区・六甲山 >北野・異人館 >ポートアイランド・三宮・元町 >須磨・舞子 >その他  

1.公益財団法人白鶴美術館 (こうえきざいだんほうじんはくつるびじゅつかん)

白鶴酒造七代嘉納治兵衛の古希を記念して設立され、1934年私立美術館の先駆けとして開館した。所蔵品の大部分は中国と日本の古美術品で占められ、中国殷周時代の青銅器、漢〜清時代の陶磁器、唐時代の銀器・鏡、戦国〜漢時代の様々な遺物等、充実したコレクションである。なお、開館60周年記念事業として新館が建設され、中近東の絨毯を展示している。
神戸市東灘区住吉山手6丁目1-1
078-851-6001

阪神「御影」・JR「住吉」より市バス38系統渦森台行乗車
「白鶴美術館前」下車、阪急「御影」より北東約1km


毎週月曜日
※但し、3月21日(月)は開館し、3月22(火)を休館します。

2.公益財団法人香雪美術館 (こうえきざいだんほうじんこうせつびじゅつかん)

香雪美術館は、朝日新聞社の創立者、村山龍平翁の収集による美術品を収蔵、1973年、翁の40年祭を機に開館された。重要文化財18点を含む、仏画、仏像、刀剣、絵画、墨蹟、茶道具など多彩、かつ個性的なものが多いである。春秋2回特別展を開催している。
神戸市東灘区御影 群家2丁目12番1号
078-851-0652

阪急「御影」より南東へ徒歩5分、JR「住吉」より北西へ徒歩10分


会期中無休(冬季・夏季閉館)

3.神戸市立小磯記念美術館(こうべしりつこいそきねんびじゅつかん)

神戸を代表する日本洋画壇の巨匠、小磯良平の作品を中心に収蔵・展示する美術館。中庭に小磯良平のアトリエを移築しており、3つの展示室と併せて楽しめる。またハイビジョンギャラリーでは高画質・大画面で小磯芸術を紹介しています。
神戸市東灘区向洋町中5丁目7
078-857-5880

JR「住吉駅」・阪神「魚崎駅」乗り換え、
六甲ライナー「アイランド北口駅」より徒歩すぐ


毎週月曜日
(月曜日が祝休日の時は、その翌日)
年末・年始(12月29日〜1月3日)他

4.神戸ファッション美術館 (こうべふぁっしょんびじゅつかん)

神戸ファッション美術館は、ファッションをテーマにした公立では日本初の美術館です。また、ファッションに関する芸術・文化の提供を行う「ミュージアム」、ファッション産業の高度化・高付加価値化を支援するための情報・教育・文化活動を行う「リソースセンター」、多目的に利用できる「ホール」の3部門を有する複合情報文化施設でもある。
神戸市東灘区向洋町中2丁目9番−1
078-858-0050

JR「住吉駅」・阪神「魚崎駅」乗り換え、
六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車南東すぐ


月曜日(祝日の場合は開館。翌日休館)
年末年始(12/29〜1/3)

5.神戸ゆかりの美術館 (こうべゆかりのびじゅつかん)

海と山の自然に恵まれた東洋と西洋の文化が混交する港町神戸で育まれた芸術文化を広く紹介することを目的として、2007年3月23日六甲アイランドの神戸ファッション美術館1階に開設された美術館。 神戸に所縁ある近代から現代の芸術家を主とする神戸市所蔵の作品を展示する。
神戸市東灘区向洋町中2丁目9番−1
078-858-1520

JR「住吉駅」・阪神「魚崎駅」乗り換え、
六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車南東すぐ


月曜日(祝日の場合は開館。翌日休館)
年末年始(12/29〜1/3)